アディダスの森 アディダス シグネチャーモデル

シグネチャーモデルとは、その分野で有名な人物の名前を冠して売られる商品のことをあらわします。

スポーツ関連だと、NBAのスター選手であるマイケル・ジョーダンの名前が付いたバスケットシューズ「エア・ジョーダン」シリーズが有名です。

エア・ジョーダンシリーズはナイキ社製なので、アディダスとはライバル会社になってしまいますが、エア・ジョーダンの登場によって、有名選手とスポンサー契約を結びシグネチャーモデルを販売する流れが確立されたといっていいと思います。

余談ですが、マイケル・ジョーダンは大学生時代にアディダスの「スーパースター」を愛用してたため、NBAでもアディダスと契約をしたいと考えていましたが、まだ新人で無名だったため契約することができずしかたなくナイキと契約を結んだそうです。

ちなみに、マイケル・ジョーダンと同じ年代でアディダスとスポンサー契約をし、シグニチャーモデルを販売していたNBA選手には、「コービー・ブライアント」「ジョー・デュマース」「ジョン・スタークス」「トレーシー・マグレディ」等がいます。

個人的には、誰も彼もナイキを履いているのがちょっとイヤだったのと、コービー・ブライアントがアディダスを履いていた影響を受けて、バスケットシューズはなるべくアディダスを履くようになりました(なるべくというのは、競技で使えるアディダスのバスケットシューズが中々売っていないので、買えないことがたまにあったんですね)。

最近だと、トレーシー・マグレディのT-Macシリーズなんてのもあって、これのT-mac3というのが家にあります。トレーシー・マグレディは2002年にアディダスと生涯契約を結んでいるスーパースターです。

T-mac3
T-mac3
T-mac3

なんか古い話ばかりですが、ちょうどマイケル・ジョーダンが活躍していた時代に自分もバスケットをやっていて影響をもろに受けたため、「シグニチャーモデル=バスケ」というのがすり込まれているので、こっちの話しに偏ってしまいます(笑

でも実際この1990年代のNBAの勢いは凄かったし、スーパースターと呼ばれる選手も多くいたので、シグニチャーモデルも全盛期だったように思えます。実際他の競技だとシグニチャーモデルってそんなに多くないですし。

このほか、家には同じくNBAのスター選手「ケビン・ガーネット」のシグニチャーモデル「Adidas Garnett Mid」もありました(これは2004年シーズン着用モデルですね)

Adidas Garnett Mid

Adidas Garnett Mid

Adidas Garnett Mid

つま先に「21」があるので、ミネソタ・ティンバーウルブズ時代のもとだということが一発でわかります
Adidas Garnett Mid

近年の傾向

ただ、近年は選手個人の名前を冠した製品を完全オリジナルで作ることは少なくなってきていて、既存のラインナップにある製品の別注カラーやサイン(文字通りシグネチャー)を入れて使用してもらう傾向になっています。

先のトレーシー・マグレディだと、T-MacシリーズではなくTS SUPERNATURAL CREATORというシリーズを使っていますし、バスケ以外でもサッカーやテニス、ゴルフでも同じような傾向にあります。

ちなみに、アディダスと言えばワールドカップの公式球を提供するなど、サッカーにも力を入れていますが、サッカーのスーパースターである、メッシやカカ、中村でもシグニチャーモデルってないですよね・・・店頭だと○○使用モデル、と表示されてます。

ページトップへ